転職・求人グローバルナビゲーション【ジョブスマート】オフィシャルサイト

40代の転職と面接のシュミレーション

40代になってからの転職というのは、様々な社会人的な知識を持っているということや、専門分野では経験があるので需要もあります。しかし、知識となってしっかり身についた記憶もほったらかしにしておくと忘れてしまいます。

特に履歴書(※詳しい情報は、マザーズハローワーク大阪のオフィシャルサイト「履歴書の書き方」をご参考ください。)の書き方や面接などの基礎知識が忘れていたりする事によって、思ったような対応ができないということもあります。そういったことにならないように、改めて面接の基礎を学んでおくといいです。

特に若い頃に面接で失敗した人では、イメージとして失敗が頭の記憶に残ってしまっていることもあります。成功イメージをつけて面接に臨んだ方が良いので、ある程度はシミュレーションをして面接の練習をしていた方が良いです。

転職するときにはどうしても

転職をすることには、どうしても決断力が必要になります。それは当然のことであるといえますから、理解しておくことです。人生を左右することもあるのです。ですから、焦らないことです。

決断力があると適当に決めること、考えてないで決めることは違いますから、そのあたりは間違えないことです。要するに、しっかりと仕事を変えることのメリットを理解してからやるべき、ということです。

仕事を変えることには、大小ありますが、リスクもありますし、メリットもあるのです。ですから、適当に決めることではありませんし、よく考えて、決断することが必須なのです。今は転職のハードルは下がっていますが、それでも大変なことであることは、間違いないのです。

Contents


地域別転職情報特集


サイトメニュー